花贈りコラム

MENU

スタンド花が倒れてしまった?!

スタンド花は高さが2メートル位になる大きな花です。
そのため、天井の低い場所では飾れない場合もありますね。

 

また屋外に設置する場合は、強風に注意する必要があります。

 

風の強い日や高層ビルが立ち並ぶ場所にスタンド花を置くと、風の影響で倒れてしまう場合があります。

 

倒れてしまうと、花が傷んでしまうだけでなく、通行人への危害や建物を損傷してしまうこともあります。
このようなことを避けるためにも、お届け先の環境やスタンド花が設置できる場所かどうかを確認されることをおすすめしています。

 

尚、スタンド花は台の部分と花の部分が分離できます。
設置場所の環境によっては、台から外して花の部分だけにして飾ることもあります。

冬の気温が低い時期に贈るスタンド花

冬に贈るスタンド花についてどのような点に注意したら良いでしょうか。

 

まず、スタンドの花に使われるのは生花になりますので、気温が低くなると凍結や障害を起こすことがあります。
花の種類にもよりますが、5度以下の環境に長時間置いておくと花が萎れてようになることもあります。

 

多くの花にとって良い温度環境は10度以上〜20度程度までです。
気温が高すぎても寒すぎても良くありません。
また、強い風が吹く場所や雨が当たるような場所も適切ではありません。

 

お店や営業所などの開店祝いや開業祝いには、宣伝も兼ねて店頭に祝花を並べるのが一般的です。

 

せっかくお祝い花を送るのですから、良い状態の花を長く楽しんでいただきたいですよね。
冬にスタンド花をお祝いで贈りたいという場合は、お届け先の環境も確認されると、より長くお花を楽しんでもらえるかと思います。

 

1〜3日間や数時間で終わるようなイベントなどに贈る場合は気温の低さはさほど気にされなくても大丈夫です。

 

花事情から紐解くスタンド花

スタンド花というものは設置だけでなく、その後の回収が必要な商品です。

 

アーティストのライブやコンサートへのお祝いとして喜ばれるスタンド花は公演会場にはたくさんの花が並ぶことがあります。
公演によっては、数十から100基以上の花が並ぶこともよくあります。

 

主催者や会場への配慮から、飾られたスタンド花は終了後の回収(撤去)は必須となります。

 

回収のタイミングはケースバイケースですが、コンサートやライブの場合は公演終了後、終了時間が夜の場合は翌日午前中が基本です。
大晦日ライブなどは翌日の元旦に撤去をすることもあります。

 

スタンドの台は鉄製になっているので花屋で再利用が可能です。
通常のパイプスタンドには色やサイズが数種類あり、仕入れ価格も2000円前後します。

 

台だけでも値段が結構高いということはあまり知られていません。
また、お洒落スタンドなどで使用されているアイアン台は通常パイプスタンドの3倍以上の値段がします。

 

この費用を考えると、プレミアガーデン提供の1万円スタンド花がいかに安いかがお分かりいただけると思います。

 

イベントによっては主催者に確認が必要?!

 

SNSなどの普及もあり、最近は様々なイベントにスタンド花が贈られるようになりました。

 

特にファンから送られるスタンド花は「フラスタ」と略され、贈り物の定番となっています。

 

一方で、ファン同士の競争も生まれています。
より目立つフラスタ、より個性的なフラスタを贈る傾向になり、主催者からサイズなどの規制が入るようになりました。

 

会場に華やかなスタンド花があることでイベントがより一層盛り上がります。
お祝いの気持ちを込めて贈るスタンド花ですから、受取り側の気持ちも考慮した、双方にメリットの有る花贈りが出来ると良いなと思います。