届け日の変更と延期

MENU

祝花の届け日は変更できるの?

開店祝いのスタンド花をオープン日に合わせて注文したものの、オープン日の直前になり、先方からオープン日が延期になったとの連絡。
このような場合に、すでに注文してあるスタンド花の届け日は変更できるのでしょうか。

友人のお店の開店祝いにお祝いにスタンド花を手配したけど、内装が間に合わないのでオープンを延期することに。
延期の知らせが届いたのは、祝花を届けてもらう日の2日前。
工事完了は当初の予定日から1週間後になる予定。

 

スタンド花延期

 

よくあるのが、ご依頼主に延期の連絡を伝えず、そのまま注文どおりにスタンド花を配達しに行き、お届け先で延期になったと伝えられるケースです。

 

このような場合に、注文済みスタンド花の配送日を変更・延期することは出来るのでしょうか。

 

まず、スタンド花は指定された配達日に合わせて、花材の仕入れと制作、配送スケジュールを組みます。

 

お届け先の都合で開店日が延期された場合であっても、祝花の準備は進んでいます。
花という性質上、入荷した花、あるいはすでに確保した花を延期した日に合わせて再度使用することは難しくなります。

 

延期が2〜3日という日数なら、なんとかなる場合もありますが、時期や使用花材によって不可の場合もあります。

 

開店日の延期

 

注文側としては、開店もしていないお店に祝花が届いても無意味になってしまうという思いがあると思います。
ですが、花というのは生鮮品ですので、当初の届け日に合わせて入荷しています。
その日以降、時間が経過すればするほどに品質は劣化していきます。

 

花屋側としては、すでに入荷してしまった花を使用せずに廃棄する訳にはいきません。
また、すでに入荷した花を延期に合わせて保持し、品質が劣化した花を使用することは出来ません。

 

つまり、時間の経過で品質劣化が避けられない切り花を使用した商品であるスタンド花の場合は、品質の都合上、届け日の延期は不可となります。

 

特に、友人などがお店を開店するような場合は、工事の遅延や完成日の延期はよく起こります。
延期をする場合でも、それを知らせないケースもあります。

 

開店祝い花の延期

 

いずれにしても、スタンド花のような切り花を注文するときは、届け日の大幅(3〜4日以上先)な延期は不可とお考え下さい。

 

ご心配な場合は、スタンド花やフラワーアレンジメントではなく、1ヶ月以上日持ちのする胡蝶蘭の鉢植えなど、鑑賞期間の長い商品をご検討下さい。

 

おすすめの胡蝶蘭はこちら