自作立札を花に付けれます!

MENU

立札の書き方と自作の名札プレート

スタンド花には、無料で立札をおつけしています。胡蝶蘭やアレンジメントフラワー、ブーケなどへのメッセージ札も無料です。
立札やメッセージ札は、商品代金に含まれている花屋がほとんどですが、別料金の花屋もあるので注文前に確認することをおすすめします。

 

スタンド花の立札

 

立札には縦書きと横書きがありますが、文字に数字やアルファベットが多い場合は、横書きのほうが読みやすくなります。
最近は、お花のデザインに合わせて横書きにされる方が増えました。
お任せいただければ、見た目に最適な立札をご用意します。

 

プレミアガーデンでは、お客様が自作された立札をスタンド花につけることも出来ます。
お届け日より数日前までに郵送頂くか直接持参していただきます。
ご注文時には備考欄に「自作立札希望」とお書き下さい。

 

尚、お客様がデザインされたものを弊社にて作成することは承れません。
また、あまりに大きなサイズの立札や電飾を施した名札プレートなどは付けられない場合があります。
取付可能なサイズ等もありますので、詳細なご希望がある場合は事前にご相談下さい。

 

立札の書き方について

立て札には、送り主の名前が記載される形が基本になります。
これは「熨斗(のし)」の代わりを表しているからです。
そのため、基本的には相手の名前を書かなくても失礼にはなりません。

 

スタンドフラワー立札

 

用途として、開店祝いなどには先方の店名や名前を書くのが一般的です。

 

立札サンプル

 

また、届け先に花を受け取る相手が複数いるときには、相手の名前も両方書くことで「誰から誰へ」を明確にするという意味もあります。

 

具体例

開店祝いのお祝いの立て札には、赤い字で祝とし、先方の名前と、送り主の名前を記載することになります。

 

就任祝いなど届け先会社に複数の人がいる場合には「祝 御就任」として相手の名前、送り主の名前。
同じように、舞台などの出演祝いの場合には「祝 ご出演」等とし、相手の名前と、自分の名前を記載するのが一般的な立て札の書き方です。

 

祝字をどのようなに書けばよいかわからない場合には「祝+送り主名」で記載する形が最も無難です。
相手の名前の漢字が正確にわからない場合は、送り主の名前だけにすることをおすすめします。
もし、間違えた字のまま立札を付けると、とても失礼になりますので注意が必要です。

 

葬儀の場合でも、立て札はつきますが、お祝いのときとは違い、赤色の字は使わず、黒字で自分の名前だけを記載することになります。

 

どこのフラワーショップでも、立て札はサービスとして無料でついてくるのです。
立て札がないと、誰から贈られた花であるのか、スタンド花を見た人がわかりませんから、スタンド花には立て札をつけて贈ることが大切です。

 

一緒に贈る人数が多い場合には、連名で書くか、有志一同とつけ、全員分の名前の記載を希望する場合は自前に相談するのがおすすめです。

 

スタンド花を贈った場合、地域によって立て札をつけておくのは、その日当日から7日程度だけとする場合もあり、日数が経過してしまうと立て札を外してしまう場合がもあります。

 

>>スタンド花