スタンドフラワーを舞台に贈る

MENU

舞台の出演祝いに贈るスタンド花について

舞台へ公演祝いのスタンド花を贈りたいときに確認するポイントをまとめました。

 

ロビー花と楽屋花の違い、立札の書き方、開催期間が長い場合の水足し(給水)の仕方など、知っていると役に立つ情報を公開しています。

 

舞台に出演する俳優さんに贈る祝花は、スタンド花が最も喜ばれます。

 

劇場入口やロビーに、出演祝いのスタンド花が並んでいると会場の雰囲気が盛り上がりますね。

 

舞台のスタンド花

 

スタンド花の他には胡蝶蘭やフラワーアレンジなども楽屋花として喜ばれています。

 

舞台のフラワーギフト

 

花によって飾られる場所が違う?!

スタンド花はロビーに飾りますが、フラワーアレンジや胡蝶蘭を舞台に贈る場合は、サイズ的にロビーか楽屋のどちらかに飾られます。
ただ、どちらに飾られるかは主催者さんの判断となります。

 

ロビーに花があれば確認することができますが、楽屋に置かれると確認するのは難しい場合もあります。

 

舞台に贈った花を確認したいときはスタンド花がおすすめです。
観に行ったときに写真を撮ってSNSにアップするなど、楽しみが増えますね。

 

舞台に贈る花の立札について

舞台へ祝花を贈るとき、花に付ける札の書き方は下記のようなものが一般的です。
※○○には舞台の公演名などが入ります。

 

主演される方へ送る場合

祝 ○○主演御祝

 

(主演者の名前)さんへ

 

□□より

 

出演される方へ送る場合

祝 ○○ご出演御祝

 

(出演者の名前)さんへ

 

□□より

 

ファンの有志一同で贈る場合は「(ファンクラブ名)有志一同」とするのが一般的です。

 

尚、送り主名を個人名またはペンネーム等の連名で札に書きたい場合は文字のサイズ的に4人くらいまでは字が大きく見えるサイズとなります。
5人以上になる場合は文字が小さくなることをご了承の上でお申し込み下さい。
※文字の大きさにこだわらなければ、札に全員分のお名前を記載することは可能です。

 

自作の札について

弊店ではお客様で自作された札を郵送頂ければ、花にお付けしてお届けすることが可能です。

 

舞台の開催期間について

公演期間が1週間以上の舞台へスタンド花を贈る場合は、時期にもよりますが途中で花が萎れることがあります。

 

夏場の場合は萎れるタイミングが早く、会場の環境によっては数時間〜2日前後で萎れてしまう場合もあります。
例えば、初日にお届けしても中日前に花が萎れてしまうこともあります。

 

開催期間が長い場合は千秋楽までスタンド花を保たせることが難しいことをご了承下さい。

 

水足し(給水)をご自分で行える場合

舞台を観に行かれる場合は、会場関係者に許可を頂いた上で、スタンド花への水足しをされるのがおすすめです。
※会場によっては不可な場合がありますので、事前に必ず許可を得るようにして下さい。

 

水足しの仕方

水やりだけでもしていただけると、お花の状態が違ってきます。
水やりの頻度としては、出来ましたら毎日又は1日おきが望ましい間隔です。

 

搬入日はスタンド花設置完了の時点で十分な水が入っております。
水やり開始は翌日以降、毎日が理想的です。

 

【水やりの目安】
水やりの量的な目安ですが、お花の種類や量、設置場所によって減り具合と水やりの量は異なります。

 

水をどのくらい足すかという量的な目安ではなく、「あふれない程度」まで足すのがおすすめです。

 

「あふれない程度」のおおまかな目安としては、バケツの8分目位までとしてください。

 

ただ、外側から入っている水の分量を確認することが出来ませんので、確認方法としては、指を隙間に入れていただく形になります。

 

【水の足し方】
スタンド花の花器となっているバケツは正面からですと葉などで見えにくくなっておりますので水を足すときは後ろ側から行ってください。

 

水をあふれないように足すには、200CC前後水が入ったペットボトル等で行うのがおすすめです。

 

【弱ってしまったお花】
空調や水切れなどの環境により、一旦元気がなくなったお花は、水を足しただけでは元気がもどらない種類の花もあります。

 

それらを踏まえて花材の選定、制作に当たらせていただきますが、元気がもどらない場合もあることを予めご了承下さいます様お願い致します。

 

尚、千秋楽までの期間中、綺麗な花でスタンド花を保ちたい場合は、新規注文として中日頃にスタンド花をお取り替えする事もできます。

 

※主催者によっては指定日以外の花の搬入ができない場合もありますので、公演期間途中でスタンド花をお取り替えしたい場合は、事前にお客様自身で主催者に必ずご確認下さい。
※中日にお取替えご希望の場合はご注文時に備考欄にその旨ご記入の上で別途ご注文下さい。

 

舞台のお祝い楽屋花について

 

楽屋見舞いにお祝いの花を贈る場合は、フラワーアレンジや胡蝶蘭がおすすめです。

 

ご出演者と親交がある方は、スタンド花と楽屋花のどちらかを贈るのが一般的です。

 

楽屋花にはフラワーアレンジと胡蝶蘭がありますが、比較的値段が安いのはフラワーアレンジになります。
値段は5000円位から3万円程度まで幅広くあります。

 

胡蝶蘭については日持ちが良い(鑑賞期間が長い)ため、公演期間が長い舞台へのお祝花として喜ばれます。
値段は2万円位から5万円程度まであります。

 

舞台へのお祝花まとめ

舞台へのお祝花は出演される方や公演期間によって贈る花を選ぶことが大切です。

 

舞台初日を華やかにお祝いしたいときはスタンド花がおすすめです。

 

楽屋を華やかにしたいときはフラワーアレンジや胡蝶蘭がおすすめです。

 

ご予算に合わせてスタンド花もフラワーアレンジも舞台にお届けしています。
サイトにてお花をご覧ください。

 

>>スタンド花