営業所などの開業祝いに贈る花

MENU

開業祝いに喜ばれるスタンド花

開業祝いのスタンド花

開業祝いの花として、大きく華やかなスタンド花は人気があります。
特に物販業のお店やコンビニなどの開業にはお店の宣伝効果、集客効果にもなるため、スタンド花をおすすめしています。

 

スタンド花以外にも胡蝶蘭やフラワーアレンジ、観葉植物などが贈り物としてありますが、なぜスタンド花がおすすめなのでしょうか?

 

開業するお店に喜ばれる花

開業とは、新しく事業や商売を始めることですが、開店祝いと同じ意味にもなります。

 

例えば病院の開業や、コンビニなどの店舗で商売を開業する場合などもこれにあたります。
ちなみに、会社を起こして起業するような場合は、設立祝いとなります。新しく事業を始める場合は開業祝いとなります。

 

新しく事業や商売を始めるときにお店を開く、そのお祝いに贈る花であれば喜んでもらいたいですよね。
でも、喜ばれる花とはどういうものでしょうか。

 

お店の目標とアピール

店頭販売をメインにしたお店の場合、お店が軌道にのり、たくさんのお客様が訪れ繁盛することが目標になります。

 

商売繁盛

 

お店を繁盛させるには、お店のアピールが必要です。
アピールする方法としてビラを配ったり、ホームページやSNSで発信したりする方法があります。

 

全てはお店の存在を知ってもらい、お店にお客様を招くためのものです。
そのアピールの一つとして、開業祝いの花があります。

 

大きくて華やかなスタンド花を飾ることで周囲にお店の存在を知ってもらい、アピールする効果があります。

 

基本的には事業を始めるお店には、贈り先の状況や雰囲気に合わせたスタンド花などを贈ることが良いと思います。
貰って嬉しい、贈って嬉しい花として人気なのがスタンド花です。相手が喜ぶ祝花を手配するようにしましょう。

 

飲食業の開業祝い

商売繁盛

飲食業の開業時は特に目立つ仕上がりの花が喜ばれます。予算を少し多めにすることで、ボリュームのある色鮮やかな花が注文できます。

 

新しく事業や商売を始めるお祝い時のスタンド花につける名札には、会社名と代表者名を書きますが、個人の場合は名前だけを書きます。
立札も名札と同じように書きます。

 

また、開業祝いのメッセージカードをつけるときの文例には「念願の開業おめでとうございます。ますますのご発展と皆様のご健勝をお祈り申し上げます。」とか、友人が事業を始めるなら「人生の目標をまた一つ達成したね。これからも健康に留意し、頑張って下さい。ますますのご活躍を期待しています。」などと、親しみのあるメッセージを書く場合も増えてきました。

 

開業祝いのスタンド花の相場ですが、開店祝いとほぼ同じような額が相場となっていて、10000〜20000円あるいは、30,000円程度が相場になっています。
もちろん上記は相場であって、使用する花によっても価格が違ってきます。室内に置くベースアレンジなら、3,000円〜10,000円程度が多いです。

 

開業祝いのフラワーギフト

 

今は開店や開業に限らず、お祝いにスタンドフラワーを贈るシーンが増えています。
事業発展、商売繁盛の気持ちを込めて、お祝いスタンド花を贈るのがおすすめです。

 

急ぎのときは最短即日に届きます。業界最安値のスタンド花や日本全国のネットワークでお祝い花が贈れるサービスがおすすめです。

 

開業祝いの花を贈るときにおすすめの花屋